六本木で水餃子を食べるなら「ギョーパオ」ジュワッとあふれる肉汁が最高

こんにちは、こだろぐです。

今日は六本木の交差点すぐそこにある、水餃子屋さんの「ギョーパオ」をご紹介します。

水餃子を看板メニューとしていますが、「まぜそば」など他メニューもとても美味しかったので、六本木でおいしい水餃子が食べられる居酒屋をお探しの方におすすめのお店です。

またこのギョーパオは六本木の交差点すぐの場所にある上に、夜24時まで営業しています。
アクセスしやすいことと、終電の時間まで営業しているのも嬉しいポイントです。

「ギョーパオ」に行ったら、肉汁たっぷりのあつあつ水餃子を食べよう

ギョーパオの看板メニューは熱々の水餃子です。

水餃子の皮は厚めの皮で、もっちりとしています。
そしてもっちりとした厚めの皮が、しっかりと中の肉汁をつつんでくれています。

もっちりとした厚めの皮をお箸で割ると、中の肉汁がたっぷりとでてきます。

このブワーッとでてきた肉汁と、水餃子の厚めの皮が本当においしいです。
そして中のお肉は生姜がしっかりきいていて、一つの水餃子でも食べ応えがあります。

この水餃子は4つ入りで、990円。「4つで990円って高いなぁ」と最初は思いましたが、水餃子一つの大きさが大きくて、食べ応えがあるので、4つで990円はコスパがいいと思いました。

絶品「まぜそば」はお酒の締めにおすすめ!

ギョーパオは水餃子が看板メニューなので、ギョーパオに来たら必ず水餃子は食べて欲しい一品です。
しかし、水餃子の他にも「まぜそば」が絶品。

ギョーパオのまぜそばは、しっかりと味付けされた、ちじれ麺に、半熟のたまごが絶妙に絡みあいます。

このまぜそばは、飲んだ後の締めで食べたくなるような、しっかりした味わいです。

ギョーパオは24時まで営業している上に、六本木の交差点からすぐの場所にあるので、お酒を飲んだ後に、締めの麺として、食べるのがとてもオススメです。

こじんまりとした店内なので、落ち着いて飲める

ギョーパオは水餃子がおいしい居酒屋さんなのですが、ガヤガヤしたうるさい雰囲気ではありません。

どちらかというと、本当においしいご飯を食べながら、飲みたいときに利用したい居酒屋さん。おしゃれすぎない店内なので、気取らずゆっくり飲みたいときにも利用したいと思いました。

落ち着いて飲むことができるので、カジュアルなデートや友達との飲み会など様々なシーンで利用できる使いやすい居酒屋。六本木で水餃子が食べたい、そして飲みたい!と思ったら、「ギョーパオ」一択です…!

美味しいご飯に美味しいお酒にとても満足できるお店ですが、クレジットカードが利用不可だったので、カード派の方はご注意ください…!

【ギョーパオ 店舗情報】

・最寄り駅:六本木駅(徒歩1分)
※六本木駅4a出口から出て、交差点を渡ると、すぐ見えます。

住所:東京都港区六本木4-9-8 リラビル 1.2F

・予算:3000〜5000円ほど

・予約:03-6805-3119
※予約可能

・営業時間
【平日】
16:30〜24:25(L.O30分前)
【土日祝】
15:00〜24:25(L.O30分前)

・定休日:第1月曜日(祝日の場合は翌日)